hakusyo_hyousi-2

2016年版小規模企業白書概要からの記事を続けます。

白書では、経営者の年齢と業績、年齢と経営計画作成の有無の関係を調査しています。

  • 経営者は、若い世代であるほど業績がよい(図1)
  • 若い世代ほど、経営計画を作成するなど積極的(図2)

ということです。

ここで、私たちビズトレチームは次のように考えます。

人間年をとれば、やはり馬力は低下します。記憶力や情報処理能力も落ちてくるかもしれません。しかし、経験値は蓄積されていき、判断力は低下しないと言われています。
なにかほんの少しアシストしてくれるものがあったら、背中を押してくれる人がいたら、さまざまな経験をお持ちであればこそ、新しい情報を入れ込むことにより、素晴らしいコンセプトが生まれる可能性も出てきます。
そして、その過程で、ワクワク感も感じてくるかもしれません。創業時のファイトとエネルギーも復活するかもしれません。プラス思考にもなってきます。こんな想像は楽しいですね。

「2016年版小規模企業白書の概要」はこちらに掲載されています。